東洋・西洋占星学研究の第一人者 上田きょうやの公式サイトです。

上田きょうや公式サイト
上田きょうや
上田きょうや
小林多喜二はいて座だった 
秋田のニュースです。
作家・小林多喜二が実はいて座だったことがわかりました。
今までてんびん座とされていましたが、それでもそれほど違和感がなく、単に統計的に処理していました。
今回、真実が確認されて良かったです。
以下、秋田魁新報より

「蟹工船」で知られる大館市生まれのプロレタリア作家・小林多喜二(1903?33年)の誕生日が、
一般に定着している「10月13日」ではなく、「12月1日」であることが、除籍謄本によって確認された。

確認したのは、多喜二のいとこの孫に当たる小林信義さん(56)=札幌市、医師。苫小牧市の
実家に保管されていた除籍謄本(1951年交付)を調べたところ「12月1日生」と明記されていた。

多喜二に関する著作物の多くが、母セキの記憶する「旧暦8月23日(新暦10月13日)生まれ」を
根拠としている。一方、多喜二は「蟹工船」の草稿ノートの最後のページに、自分の生年月日が
明治36(1903)年12月1日で、「両親は新暦を知らない人だった」と書いている。

信義さんは「セキは10月13日という日付をいつからか新暦だと勘違いし、この日付をさらに旧暦に
直して8月23日生まれと思い込むようになったのではないか」と推測する。

ソース
秋田魁新報 http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20120318h

波涛をこえて("Sobre las Olas"、Over The Waves)HOMEニコニコチャンネル「接客・営業編 地の星座」3 やぎ座 

貴方に起こる出来事

貴方に起こる出来事

こちらのQRコードより携帯サイトへごアクセスください。

ニュース

カテゴリーリスト