東洋・西洋占星学研究の第一人者 上田きょうやの公式サイトです。

上田きょうや公式サイト
上田きょうや
上田きょうや
ラクエンロジック「占い大作戦2016」 
私が出演している、ラクエンロジック新春特別企画「占い大作戦2016」配信です!
占い大作戦
新年といえば占い・運試し!
ということで、1月1日~1月3日にかけて、ラクエンロジック新春特別企画「占い大作戦2016」を配信致します!
おそらくアニメ史上初!?
キャラクターやアニメのキャラクターの性格やアニメの行く末を占星学で紐解いていこうという新春ならではの特別企画です!
出演:高橋悠也(「ラクエンロジック」原案・シリーズ構成)
    上田きょうや(西洋・東洋占星学研究家)

第1回:2016年1月1日(金)正午更新予定
第2回:2016年1月2日(土)正午更新予定
第3回:2016年1月3日(日)正午更新予定

詳しくは
■ラクロジちゃんねる(動画)
https://www.youtube.com/channel/UCKXF9HQvzFXGkyvxEkPzJKg

■アニメハック(記事)
http://anime.eiga.com/

をご覧ください。




続きを読む

「TVアニメ・ラクエンロジック~新春特別企画!占い大作戦2016~」 
1月より始まるアニメ「ラクエンロジック」のプロモーション・ビデオに参加しました。
(リード役までさせてもらえるとは思わなかった。)

「TVアニメ・ラクエンロジック~新春特別企画!占い大作戦2016~」

Youtubeで三回放映があります。

占星学でアニメを分析するという、私の専門分野です。

最初の特別放映番組は12月31日19時から東京MXほかで放映です!





原案・シリーズ構成のの高橋悠也さんと

IMG_0003










『ラクエンロジック』公式サイト
http://luckandlogic-animation.com/








続きを読む

『金色のガッシュベル!!』の雷句誠先生の出生時間について 
#anime #uranai #manga

ハイブリッド占星学研究所の研究では、『金色のガッシュ!!』『どうぶつの国』等の作品群を通して、この作風であれば、雷句先生の出生時間は、(ウィキペディア掲載の「1974年8月23日」「岐阜県岐阜市出身」という情報に基づく限り)、21時28分以降の生まれであると、わかりました。

もしこれが違っていれば私どもの研究は一部をかなり改変しなければいけないことでしょう。

 どなたかご存知の方がいたらご連絡下さいませ。
間違いのないところではありますが。

 今までにも、公には、山田玲司先生(『Bバージン完全攻略本』にて)羽海野チカ先生(ネット上にて)の出生データを当ててきました。

ハイブリッド占星学は、芸術作品分析を通して、人間の美意識の本質に迫ります。




続きを読む

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」 
勧められて見ました。
タイトルも絵柄も、なんか、所謂「萌え系魔法少女漫画」?と思いきや、
すべて鑑賞者の予測を裏切るダークな内容で、非常に優れた作品でした。
人気が出るのは無理ないというか、当然ですね。

監督の新房 昭之さんは1961年9月27日 生まれ。
太陽てんびん座、月おひうし座
金星(女性像)おとめ座、火星(男性像)てんびん座

出てくる男性、父親は専業主夫、指をこわしたバイオリニスト志望の男の子など、
強いマッチョな男性が出てこないのは、火星てんびん座作家作品の特徴です。
特に太陽もてんびん座の場合あきらかで、
「うる星やつら」の高橋留美子さんなども同様ですね。

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
クチコミを見る


うーん、でもこんなの見てたら絶対誤解されそうだ・・・。

続きを読む

占星学でみる日本近代文学史62 井伏鱒二(水瓶座・プラスサインだけのホロスコープ) 

 井伏鱒二は最近では「黒い雨」「山椒魚」でしか知られていないようですが、それは残念ですね。

 私は井伏鱒二の作品が大好きで、ときどき就寝前に読んだりします。この人の作品は、水瓶座らしい(冬のサインらしい)、すっきりと形式感の整った文体が魅力で、文章もその精神も澄み切っています。そのさまが、とても水瓶座的なさわやかさをもっていて、とても好きです。

 1898年2月15日生まれ。調べてみれば、太陽水瓶座、月射手座、水星・金星・火星水瓶座、木星天秤座、土星・天王星射手座、海王星・冥王星双子座、と全部プラス星座で、しかも、火は射手座だけ!これは独特のさわやかさが出るはずです。これは、本質的に感情的に拘泥した表現形式を嫌います。

 ようするにクヨクヨ型ではないのです。そんな人が「黒い雨」のような作品を書く。すると、決して、直接被爆した一人の人をとりあげてその感情的苦しみをドラマチックに描写したりということはしません。もちろんこの作品にも悲惨な描写は多く出てくるのですが、それでもそれらは、一市民としての感情の抑制のきいたスタイルで描かれてゆきます。

 今回の大震災でも、水瓶座の人たちが東京においては、のんきなまでに冷静に情報処理されていたのは印象的でした。

 例えば、私のマンガ論でも紹介しているように、水瓶座と天秤座は決してスポーツ根性ものを描きません。スポーツをテーマにしてもあだち充氏の「タッチ」みたいになります。大仰な表現を嫌い、あくまで等身大であり、人間そのものから目がそれることはないのです。

 戦争をあつかった小説はたくさんあります。(のちにふれる機会があることでしょう。)
 親しみやすい漫画作品では、最近ではこうの史代氏の「夕凪の街 桜の国」が話題になりました。彼女はまた別の風のサインである天秤座(この星座も、スポ根はゼロ!)で、月は射手座です。この作品も、原爆投下時の描写は最小限になっています。それよりも、その後の日常生活を描くことによって、原爆というものの意味を問うものとなっています。

 作者の体験の仕方が違うとはいえ、魚座マンガ家の中沢啓治氏の『はだしのゲン』における苦悶にみちた直接的な表現とはいかに違うか実感されます。

こうした点でも「黒い雨」こそまさに水瓶座的な小説と言えるのかもしれません。


黒い雨 (新潮文庫)
黒い雨 (新潮文庫)
クチコミを見る


山椒魚・遙拝隊長 他7編 (岩波文庫 緑 77-1)
山椒魚・遙拝隊長 他7編 (岩波文庫 緑 77-1)
クチコミを見る
夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国
クチコミを見る


はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)
はだしのゲン (1) (中公文庫―コミック版)
クチコミを見る



続きを読む

   

貴方に起こる出来事

貴方に起こる出来事

こちらのQRコードより携帯サイトへごアクセスください。

ニュース

カテゴリーリスト